2008年12月17日水曜日

問題フレーム

マイケル・ジャクソンの問題フレームは, 原著を何回か読んだことしかないのだが.

某研究会にて, 日本における問題フレームの巨匠のひとり, 大槻さんから問題フレームの極意 (の多分ごく一部) を伝授される.

  • 問題フレームの極意は額縁に入れて掲げよ
  • 問題を要求とドメインと機械に分けて考えよ
    • 系 - 要求仕様書ではなく, 要求書とドメイン記述書と仕様書を書け
  • 問題フレームとは問題のスコープを切り取る枠を与えるための方法論である

問題フレームは, プロセスとしては静的で一方通行的である. でも問題と現実の相互作用によって, 問題フレームが平衡状態に落ちたときが問題が「完成」したときと言えそうだ. もちろん発散したら, それは悪い問題だったか, プロセスが間違っていたかのどちらかだ.

0 件のコメント: