2008年1月20日日曜日

timemachineが重い件について

TimeMachineはバックアップのやり方としては, アップルらしく思い切った, なかなか良いものだとは思うんだけど, さすがに毎時間は重い. うちのG5 1.8GHz singleだと, TimeMachineとSpotlightが動き始めると, 仕事にならないし:-)


おまけに, 僕はデータの類を貯めるのにDVD大のdisk imageを多用しているんだけど, これが負担になる.


そこで...


TimeMachineはLaunchDaemonで動いているということなので, /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto.plistをいじることにする. 書き方は, % man launchd.plist すれば分かるはず.


StartIntervalを長くするのが一般的だろうけど, StartCalendarIntervalを設定すれば一定の日時に動かせる. こっちの方が普通のバックアップの概念に近い. どちらの場合も, 実行すべきときにマシンが寝ていたら, 起きたときに実行してくれる.


Nice (スケジューリングの優先度を変える - この場合には多分下げること) も掛けられるけど, TimeMachineの場合にはこれはどうかな... やってみないと分からない.



0 件のコメント: