2007年7月4日水曜日

要求をアフォードするシステム/開発

我々はソフトウェア開発が常に「要求」から発するものである, 要求に何らかの変化を施すことによって最終的にソフトウェアというものになる, という世界観に縛られている.


でもそれは多分嘘だ.


「純粋な要求」というものはない. 要求は実はソフトウェアから作られるのである. したがって貧弱なソフトウェアは貧弱な (あるいは誤った) 要求しか作り出さない. 豊かなソフトウェアは豊かな要求を作り出す.


我々ソフトウェア開発者がすべきことは, 要求を正確に定義し, その要求を忠実に実現することではない. 豊かな (正しい) 要求をアフォード (= 可能にする, 与える) するようなシステムをまずは作ることになる.


これが「→」から「≒」へのパラダイム・シフト, ということなんだが...


0 件のコメント: